プログラム

Program

日程表

下記ボタンより日程表・プログラムをダウンロードできます。

日程表pdf


プログラム_講演会場 プログラム_ポスター会場


9月29日(金)

特別講演1

「難病医療今昔物語」

演者:福永 秀敏(公益社団法人鹿児島共済会 南風病院)

シンポジウム1「緩和ケア」

「神経難病におけるエンド・オブ・ライフケア~繰り返される日常ケアを価値づける~」

演者:田本 奈津恵(独立行政法人国立病院機構 七尾病院)

 

「在宅での関わりを通じて ー理学療法士・作業療法士としてー」

演者:田村 茂(地域リハビリ支援室・タムラ)

 

「難病ケアこそ緩和ケア~紡ぎ・つなぎ『生』を支える~」

演者:花井 亜紀子(国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター)

シンポジウム2「在宅難病患者の災害対策」

「ALS患者が大規模災害時、地域で生き残るには。」

演者:西尾 朋浩(一般社団法人 日本ALS協会)

 

「神経難病の在宅医療と災害対策」

演者:藤田 拓司(医療法人拓海会 神経内科クリニック)

学会・筋ジス研究班合同企画「筋ジストロフィー」

「筋ジストロフィー医療のこれまでとこれから」

演者:松村 剛(独立行政法人国立病院機構 刀根山病院)

 

「筋ジストロフィー患者登録の意義と治療開発」

演者:木村 円(国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター トランスレーション・メディカルセンター)

 

「人工呼吸器を着けて地域で自分らしく生きるために」

演者:山口 和俊

9月30日(土)

シンポジウム3「栄養・摂食嚥下」

「難病も基本は食事と栄養~訪問栄養士の取り組み~」

演者:手塚 波子(小川医院 栄養ケアセンター)

 

「患者さんの「食べたい」を支える看護」

演者:林 瑶子(独立行政法人 国立病院機構 医王病院)

 

「ALSにおける栄養障害とその対策UPDATE」

演者:清水 俊夫(東京都立神経病院)

シンポジウム4「拡がる難病支援」

「炎症性腸疾患における医療連携の実情と課題」

演者:加賀谷尚史(国立病院機構 金沢医療センター)

 

「多領域における難病医療」

演者:金子 英雄(国立病院機構 長良医療センター)

 

「腎臓病領域の指定難病と普及・啓発」

演者:和田 隆志(金沢大学大学院 腎臓内科学)

厚生労働省講演

「難病対策について」

演者:甲田 亨(国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター)

特別講演2

「神経難病の在宅医療・地域ケアシステム創成と次世代難病医療ネットワークへの提言」

演者:川村 佐和子(聖隷クリストファー大学)